身長には「栄養」「睡眠」「運動」が大切!

成長期に大切な3つのポイント!

身長の高さや成長の度合いは遺伝だけで決まるものではありません。
成長の過程で特に大切にしたい3大要素は「栄養」・「睡眠」・「運動」です。
それぞれどのように成長と結びついているのか見てみましょう。

栄養

「身長が絶対に伸びる食べ物」というものは存在しません。子供も大人もバランスよく食事をすることが大切です。現在の子供の食生活を見てみると、ジャンクフードやインスタント食品・お肉ばかりであったり、野菜不足だったりと様々です。

たまになら良いのですが、食生活が偏ることによって、カルシウムやビタミン群の不足などにつながります。

そんな時にしっかりした食事+成長期応援サプリメントなどを活用することによって、1日に必要な栄養素や日常では取りづらい栄養素を摂取することができます。

睡眠

寝る子は育つとよく言いますが、子供の成長ホルモンは深い睡眠をとっているときに最も多く分泌されます。

成長ホルモンとは、成長作用とタンパク質合成を促進する作用があります。体の成長・修復・疲労回復に大切なホルモンです。

成長ホルモンは、寝付いてから2時間くらいまでの一番深い睡眠の時に大量に分泌されます。しかし、夜更かしや生活習慣の乱れなどによって睡眠が浅くなってしまい、成長ホルモンが分泌されにくくなっているのが現状です。

睡眠環境を整えたり、お風呂に入って体を温めたり、寝る直前に食事をしないなど体を寝る体制に整えてみましょう。そして小~高校生の間はできるだけ8~9時間寝るように心がけましょう。

運動

運動をすることによって、骨端腺への刺激になります。骨端腺とは、骨の端の部分であり大人になるにつれなくなっていきます。この骨端腺がなくなると同時に成長が止まってしまいます。

運動をすることによって骨端腺に軽い刺激が加わると、活発に働き成長を促します。また、姿勢筋の鍛えられるため、正しい姿勢を維持してで身長が伸びるようになります。

運動をするといっても、フルマラソンを走るとかジムに行って鍛えるとかでなくても大丈夫です。いつもは家で遊んでいるのを外で体を動かして遊んでみたり、犬の散歩でウォーキングなんてのも良いですね。

それによって、「食欲の増進」・「成長ホルモンの分泌」・「睡眠の質の改善」につながります。

成長期や成長速度は個人差がある

成長期の期間や速度は個人差があるので、「親が身長が低いから…」「友達は身長伸びてるけど自分は伸びない」とあきらめてしまわないでください。

まずは、「栄養」・「睡眠」・「運動」を見直し、バランスよくできるように心がけてみてください。また、栄養などなかなかとりずらい食材・アレルギーで摂取する量が難しい場合などがあると思います。

その場合は、成長期応援サプリメントを活用してあまり考えすぎず取り組んでみましょう!

成長系サプリメントや飲料はたくさんの種類があります。どれにしようか迷っている方は、まずは人気ナンバーのセノビックがいいかなと思います。

>>セノビック