身長は遺伝とは無関係?どうすれば身長が伸びる?

身長の高さは遺伝する?

遺伝子研究の方によって、両親の身長が子に遺伝する確率は25~90%と様々です。

しかし、どの遺伝子研究の方も生活習慣などの環境因子が大きく影響していると発表しています。そのため、体質改善や環境の改善をすることによって、子供の身長を伸ばすこともできるようです。

体質改善や環境改善などのポイントは後述しますが、完璧にこなさなくても心がけるだけでも効果は違います。

元々日本人の平均身長自体がそこまで高くなく、少々低くても気にする程度ではないことの方が多いです。日本人の20~24歳の平均身長は、男性が170.2cm~171.5cm、女性が157.2cm~159.5cmなので180cm(160cm)ないから身長が低いというわけではありません。

身長を伸ばすためのポイント!

それでは身長はどのようにしたら伸ばせるのでしょうか?

前述したように遺伝だけがすべてではなく、環境因子が影響しているというのはわかったと思います。では、環境因子とはどのようなものを改善したら良いのでしょうか。

主に大切なのは成長に必要な3大要素「栄養」・「睡眠」・「運動」が大切とされています。それぞれを見ていきましょう。

栄養

「身長が絶対に伸びる食べ物」というのはありませんが、偏った食事をせずバランスのとれた食事をすることが大切です。ジャンクフードやインスタント食品など、たまになら良いのですが毎日食べるといったことは避けましょう。

また、魚は食べず肉しか食べないなど偏った食事もやめましょう。

完全に食のバランスを計算して食べるのではなく、「昨日今日は肉がメインの料理だったから明日は魚を食べよう」といった意識を持ってみてください。

アレルギーで食のバランスが心配であったり、食事では摂取できない栄養素もあるでしょう。そのような場合には、成長期応援サプリメントなども活用してみてください。

睡眠

質の良い深い睡眠をしっかりとることによって、成長ホルモンの分泌が促進されます。成長ホルモンは、身体や身長の成長を促すだけではなく、体の修復・疲労回復にも大切なホルモンです。

年齢によって睡眠時間の目安は変わってきます。
1~3歳ごろ:12~14時間
4~6歳ごろ:10~13時間
7~12歳ごろ:10~11時間
13~18歳ごろ:8~9時間

寝付いてから2時間くらいまでが成長ホルモンが大量に分泌されます。
睡眠環境の改善や体が休みやすい体作りをしてみましょう。

運動

適度な運動を行うことによって、以下の効果が得られます。

  • 適度な運動によりカロリーが消費され食欲の増進につながる。
  • 身体が休息を欲して質の良い睡眠につながる。
  • 骨端腺という部分が刺激され活発に働き成長する。

現代の子供はインドア派な子が多いので運動不足という子供が多いのです。ウォーキングや外で体を動かして遊ぶといった程度で構いませんので、体を動かしてみるという事を心がけましょう。

いかがでしたか?

その他にもストレスをためないなどといったことがありますが、大きなポイントは上記の3つです。成長には個人差がありますが、大人や子供が少し意識してあげるだけで本来の成長できるところまで身長が伸びる可能性があります。まずは食事からなどできるところから試してみてください♪

身長には「栄養」「睡眠」「運動」が大切!

成長期に大切な3つのポイント!

身長の高さや成長の度合いは遺伝だけで決まるものではありません。
成長の過程で特に大切にしたい3大要素は「栄養」・「睡眠」・「運動」です。
それぞれどのように成長と結びついているのか見てみましょう。

栄養

「身長が絶対に伸びる食べ物」というものは存在しません。子供も大人もバランスよく食事をすることが大切です。現在の子供の食生活を見てみると、ジャンクフードやインスタント食品・お肉ばかりであったり、野菜不足だったりと様々です。

たまになら良いのですが、食生活が偏ることによって、カルシウムやビタミン群の不足などにつながります。

そんな時にしっかりした食事+成長期応援サプリメントなどを活用することによって、1日に必要な栄養素や日常では取りづらい栄養素を摂取することができます。

睡眠

寝る子は育つとよく言いますが、子供の成長ホルモンは深い睡眠をとっているときに最も多く分泌されます。

成長ホルモンとは、成長作用とタンパク質合成を促進する作用があります。体の成長・修復・疲労回復に大切なホルモンです。

成長ホルモンは、寝付いてから2時間くらいまでの一番深い睡眠の時に大量に分泌されます。しかし、夜更かしや生活習慣の乱れなどによって睡眠が浅くなってしまい、成長ホルモンが分泌されにくくなっているのが現状です。

睡眠環境を整えたり、お風呂に入って体を温めたり、寝る直前に食事をしないなど体を寝る体制に整えてみましょう。そして小~高校生の間はできるだけ8~9時間寝るように心がけましょう。

運動

運動をすることによって、骨端腺への刺激になります。骨端腺とは、骨の端の部分であり大人になるにつれなくなっていきます。この骨端腺がなくなると同時に成長が止まってしまいます。

運動をすることによって骨端腺に軽い刺激が加わると、活発に働き成長を促します。また、姿勢筋の鍛えられるため、正しい姿勢を維持してで身長が伸びるようになります。

運動をするといっても、フルマラソンを走るとかジムに行って鍛えるとかでなくても大丈夫です。いつもは家で遊んでいるのを外で体を動かして遊んでみたり、犬の散歩でウォーキングなんてのも良いですね。

それによって、「食欲の増進」・「成長ホルモンの分泌」・「睡眠の質の改善」につながります。

成長期や成長速度は個人差がある

成長期の期間や速度は個人差があるので、「親が身長が低いから…」「友達は身長伸びてるけど自分は伸びない」とあきらめてしまわないでください。

まずは、「栄養」・「睡眠」・「運動」を見直し、バランスよくできるように心がけてみてください。また、栄養などなかなかとりずらい食材・アレルギーで摂取する量が難しい場合などがあると思います。

その場合は、成長期応援サプリメントを活用してあまり考えすぎず取り組んでみましょう!

成長系サプリメントや飲料はたくさんの種類があります。どれにしようか迷っている方は、まずは人気ナンバーのセノビックがいいかなと思います。

>>セノビック